カテゴリー

2019年 12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
占いサロン パンデュール

YGS-4156 魔鏡ペンダント 干支御守本尊

商品名 : YGS-4156 魔鏡ペンダント 干支御守本尊

価格 : 6,380円(税込7,018円)

数量 :

カラーをお選び下さい
干支をお選び下さい

銀鍍金仕上げ
鏡面
投影像イメージ
厄除け・開運のお守りとして身に付けられる魔鏡
鏡背に「洲浜に牡丹双鳳」文様を施したペンダントサイズの魔鏡。この鏡面に太陽光かLEDなどの強い光線を当て、角度や遠近などピントを定め壁に投影すると「干支御守本尊」が映し出される。アクセサリーとして身に付けるのはもちろん、厄除け・開運のお守りとして携帯するのもお勧めだ。

■カラー/金鍍金仕上げ・銀鍍金仕上げ
■干支/子(千手観音)・丑と寅(虚空蔵菩薩)・卯(文殊菩薩)・辰と巳(普賢菩薩)・午(勢至菩薩)・未と申(大日如来)・酉(不動明王)・戌と亥(阿弥陀如来)
■素材/真鍮製
■サイズ/直径約38mm、チェーン全長50cm
※お届けまでに3週間ほどお時間をいただきます。


【魔鏡】
明治維新後に信教自由となったことで姿を消した切支丹魔鏡(光を鏡面に反射させると、内部に隠されたキリスト像が投影される)。この神秘の魔鏡の復元に成功したのが京都市下京区の西本願寺近くに工房を構える山本合金製作所だ。江戸末期より、寺社に納める和鏡を製作する鏡師を代々継承してきた同製作所は、現在、魔鏡製作の技術を継承する国内唯一の工房でもある。1974年に、3代目となる無形文化財保持者、山本真治(凰龍)が魔鏡を復元。2014年には、4代目・山本富士夫が製作した切支丹魔鏡が、安倍首相の手を通じ、ローマ法王に贈られた。現在は、「日本最後の鏡師」と呼ばれる5代目・山本晃久が伝統技法を受け継ぐ。

【山本合金製作所のご紹介】
慶応二年の創業以来、古来製法を継承し全国の有名な社寺の御霊代鏡や御神鏡の製作や博物館所蔵の鏡復元に携わっている。手仕事による和鏡・御神鏡を製作する工房であり、三代目で無形文化財の山本真治は日本古来の技術である「魔鏡づくり」を半世紀ぶりに復活させた。現在では魔鏡製作の技術を継承する国内唯一の工房であり、2014年には、安倍首相がバチカン訪問の際にローマ法王に献上した隠れキリシタン魔鏡を製作。その高度な技術を活かし仏具や建築金物、美術工芸品の製作にも進出し、更に研究と開発を重ね、技術・品質共にその真価が認められ、現在は工房内に3名の伝統工芸士を有する。近年は誂え品の製作で培った技術を活かし、デザイナーやアーティストとの協業での海外展開も志す。

【製作者のご紹介】
山本晃久(鏡師)
1975年京都生まれ。国内で唯一手仕事による和鏡・神鏡・魔鏡を製作する山本合金製作所に生まれ、家業に入る。祖父、山本凰龍に師事して伝統技法を受け継ぎ、全国の社寺の御霊代鏡や御神鏡の製作や博物館所蔵の鏡復元に携わっている。2014年、安倍首相がバチカン訪問時にローマ法王に献上した切支丹魔鏡の制作にも携わる。
魔鏡
YGS-4157 不思議な鏡 飛雲双凰 阿弥陀如来
YGS-4157 不思議な鏡 飛雲双凰 阿弥陀如来