AT-4812 シーサー/門柱シーサー

商品名 : AT-4812 シーサー/門柱シーサー

価格 : 30,000円(税込33,000円)

数量 :


悠久の時を経て沖縄に伝わった守り神・シーサーをご自宅に!

沖縄県内で唯一、鋳込み製法を行う窯元にて制作
液状にした陶土を型に流し込んで成形する、鋳込み(いこみ)と呼ばれる製法にて仕上げたシーサー。型抜き特有のつなぎ目線を丁寧にそぎ落とし、素焼き(約600℃)を行っている。焼成後、釉薬(ゆうやく)を施し、本焼き(約1230℃)で焼成し完成する。陶土は白土を使用。全体を光沢のある透明無色の透明釉(とうめいゆう)で仕上げているため、ホコリや水はじきに強く、屋外に飾るのに適しているが、家内に飾り、家族の守り神にするのもお勧めだ。

■サイズ/高さ35×幅28cm
■重量(ペア)/約8〜9kg
■生産国/日本(沖縄)
※手作りのため、色・形に多少の個体差があります。

沖縄の守り神・シーサー
沖縄の地に古くから伝わる伝説の獣神。名前は“獅子”を沖縄の言葉で発音したもの。 災いや魔物を追い払ってくれる守り神・魔除けとして、あるいは幸運を招いてくれる縁起物として、民家の門や玄関、屋根の上などに設置される。起源については諸説あるが、エジプトのスフィンクス同様、古代オリエントのライオンが源流とされ、中近東からシルクロードを経由して中国に入り、琉球交易時代に沖縄に伝来したと考えられている。ここでは琉球焼の窯元「中城窯」のシーサーを紹介する。

シーサーの設置方法
対(つい)にして2体で置くのが一般的で、口を開けているほうが雄、閉じているほうが雌とされる。正面から見て右側に雄、左側に雌を置く。風雨に耐える強さもあり、沖縄では屋根や門柱に設置するのが主流だが、玄関や床の間、卓上など、好みの場所に飾っても良い。
シーサー職人が一体一体、丁寧に制作している。
琉球焼(シーサー、酒器)
AT-4815 一口カラカラ(赤絵・デイゴ)
AT-4815 一口カラカラ(赤絵・デイゴ)
AT-4814 シーサー/大立シーサー赤ベタ
AT-4814 シーサー/大立シーサー赤ベタ
AT-4813 シーサー/大立シーサー
AT-4813 シーサー/大立シーサー
AT-4811 シーサー/門柱赤焼
AT-4811 シーサー/門柱赤焼
AT-4810 シーサー/門柱マンガン焼
AT-4810 シーサー/門柱マンガン焼